2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第15回)

全日本空輸株式会社 代表取締役社長 篠辺 修 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

国内最大の路線網と乗客数を誇り、今年3月には世界で4社のみが獲得している英国SKYTRAX(スカイトラックス)社のエアライン・スター・ランキング「5スター」を2年連続で獲得するなど、世界屈指のエアラインへと成長を遂げたANA。
リーディングカンパニーでありながら、日々変化とグローバル化が進むマーケットのなかで常に革新と挑戦を続ける同社のいまとこれからについて伺った。

全日本空輸株式会社 代表取締役社長
篠辺 修(しのべ・おさむ)


経歴
76年に早稲田大学理工学部卒業後、全日本空輸に入社。
整備本部、企画室などを経て、04年に執行役員、07年取締役、09年常務、11年専務、12年副社長を歴任後、2013年4月より代表取締役社長に就任。
役員として、営業推進本部、企画室、整備本部、CSR・広報室・総務部・法務部等、幅広く担当したほか、2011年に世界で初めて導入されたボーイング787の導入プロジェクト長も務めた。

逆境からつかんだ2年連続の「5スター」!?

――先日エアライン・スター・ランキングにおいて最高評価となる「5スター」を2年連続で獲得されたという発表がありました。まずは率直な感想などお聞かせください

素直に嬉しいですね。この一年を見れば、ボーイング787が昨年(2013年)の1月から5月までバッテリー問題で運航を停止していました。国内線では一日約20~30便が欠航、国際線でもサンノゼ線やシアトル線が就航できない状態でしたので、お客さまにご迷惑をお掛けしたことはもちろんのこと、従業員たちも大変だったと思います。
そのようななかでも、安全を最優先し、サービスをはじめとする品質向上に向けた努力が評価され、2年連続で5スターを獲得できたことは大変喜ばしい出来事です。

――評価につながった要因についてもう少し詳しくお聞かせいただけますか?

例えば、機内で楽しむ映画や音楽といったエンターテイメントシステムの充実はもちろん、国内の地域活性型の取り組みとして、昨年の秋から「Tastes of JAPAN by ANA」を全国都道府県とタイアップして展開し、食材や日本酒・焼酎などの県産品を機内食や羽田空港・成田空港のラウンジ等で提供しています。
ネットワークやダイヤの面でも、羽田国際線の大増便や成田国際線の増便、接続ダイヤの充実など、国際ハブ空港としてお客さまの利便性向上にむけて努力してきたところが評価につながったと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略

ページトップへ