2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第14回)

株式会社ネクスト 代表取締役社長 井上 高志 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

総掲載物件数約448万件(2014年1月度平均)は業界ダントツNO.1。不動産・住宅情報サイト『HOME’S(ホームズ)』は圧倒的な情報量と使いやすさを武器に訪問者数においても常に業界トップクラスを誇っている。
そんな人気サイトを展開するネクストの創業者であり代表取締役を務める井上高志氏に同サイト誕生のきっかけやこだわり、そして住まいさがしの未来予想図について伺った。

株式会社ネクスト 代表取締役社長
井上高志(いのうえ・たかし)


経歴
1968年生、神奈川県横浜市出身。青山学院大学経済学部卒業。新卒で入社した株式会社リクルートコスモス(現、株式会社コスモスイニシア)からリクルートへ出向・転籍後、「不動産業界の仕組みを変えたい」との信念から、1997年、株式会社ネクストを設立。
インターネットを活用した不動産情報インフラの構築を目指し、不動産・住宅情報サイト『HOME’S(ホームズ)』を立ち上げ、掲載物件数No.1のサイトに育て上げる。2011年からは『HOME’S』のアジア展開にも着手。
座右の銘は、ネクストの社是でもある「利他主義」。究極の目標は「世界平和」で、事業活動を通じて、「不安」「不満」「不便」といった社会に存在する「不」の解決を目指し、ネクストの事業の他、個人でもベナン共和国の産業支援プロジェクトを展開している。

“変えたい”という想いからすべては始まった!?

――はじめに創業のきっかけや『HOME’S(ホームズ)』誕生の経緯についてお聞かせください

最初のきっかけは「不動産業界を変えたい、変えなきゃいけない」という想いでした。
私は22歳で就職した会社で不動産業界に足を踏み入れたのですが、入社間もない頃に担当した若いご夫婦のマンション探しを通じてこの業界の事業者本位の構造や慣習の前に、多くの消費者が不安を抱えたまま住宅購入に臨まなければいけないという現実を目の当たりにしました。
住まいというのはおそらく多くの人にとって人生で一番大きな買い物です。平均的な年収の会社員が35年ローンで住宅を購入すると、その支払総額は生涯所得の1/4~1/3になると言われています。
そんな重要な買い物にも関わらず当時の不動産業界では業者側と購入者との間に大きな情報格差、“情報の非対称性”というものが存在しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ