2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第13回)

株式会社ミロク情報サービス 代表取締役社長 是枝 周樹 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

8,400もの会計事務所と17,000の中堅・中小企業がそのシステムを利用し中規模企業向けERPシステムの売上4年連続No.1を達成するなどまさに日本における「財務会計・税務システム」のリーディングカンパニー、ミロク情報サービス(以下、MJS)。

2012年の東証1部上場を“通過点”と話す是枝周樹社長に、同社36年の歴史や今後の展望などについて伺った。

株式会社ミロク情報サービス 代表取締役社長
是枝周樹(これえだ・ひろき)


経歴
1964年2月24日生まれ、東京都出身。
1994年に同社取締役、2004年の代表取締役副社長就任を経て、2005年より現職。

最大の衝撃はあのOSの登場だった!?

――まずは設立の経緯についてお聞かせください

当社は元々、ミロク経理という会社の会計事務所向け部門が独立し、会計事務所という専門業界に向けて財務計算サービスを開始したのが始まりです。

――御社といえば財務・会計システムや税務システムに強いといった印象がありますが、36年という歴史の中でさまざまなビジネスモデルの変化やそれに伴う苦難もあったと伺っております。その辺りについてお聞きしてもよろしいでしょうか?

そうですね。まずは設立当初の主力ビジネスであった計算センタービジネスからオフコンの開発・販売に舵を切るという大きな転換がありました。
オフコンというのは、例えばキーボードに勘定科目が刻印されているなど、業務の効率化を支援する専用機のことです。専用機は、(ハードとソフトが)すべて一体となっているので、お客様は導入すればすぐに使えるという利点がありました。 日本の経済成長と相まって、このオフコンビジネスにより、かなりの市場を獲得することができました。現在の当社の主要顧客のベースがここで出来上がったと言っても過言ではありません。
例えば、その当時当社の専用機をお使いになられた会計事務所様は、現在ご子息の代になっても引き続きシステムを使い続けていただいているケースも少なくなく、これだけ長く同じお客様にご支持頂いているというのは当社の一つの強みと言って良いと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


離島の廃校で学ぶ酒造りとまちづくり

ページトップへ