2016.2.1 (Mon)

キーマンズボイス(第12回)

株式会社キングジム 代表取締役社長 宮本 彰 氏

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

 オフィス文具の大定番、「テプラ」や「キングファイル」の生みの親・キングジム。共に市場シェア60%以上を誇る両製品に加え、近年は電子文具(デジタル文具)でも数多くのヒット商品を世に送り出し、日本のオフィスに新たな“常識”を生み出し続けている。

そんな創業86年目を迎えた老舗文具メーカーの創業からあの大ヒット商品の意外な誕生秘話まで、同社の宮本社長に聞いた。

株式会社キングジム 代表取締役社長
宮本彰(みやもと・あきら)


経歴
77年に慶應義塾大学を卒業後、キングジムに入社。営業や経理、工場勤務などを経た後に、84年に常務取締役総合企画室長、86年に専務取締役に就任。
85年に立ち上がった「Eプロジェクト」のプロジェクトリーダーを務め、88年に発売して大ヒット商品となった「テプラ」の開発を取り仕切った。
92年に代表取締役社長に就任し、開発型企業として独創的な商品の開発を推進する。

キングジムのルーツは材木商!?

――はじめに創業から現在に至るまでの経緯について伺ってもよろしいでしょうか?

はい。私共の会社は私の祖父である宮本英太郎が『名鑑堂』という名で昭和二年に創業をしたんですが、実は元々は材木商でした。
そんな材木商を営んでいた祖父があるとき顧客管理のための人名簿や印鑑簿といった今でいうアドレス帳のようなものを作ったところ、それが仲間内で大変評判が良く、遂には材木商を辞めてそっちで商売をしようということになったんです。

――それが創業のきっかけだったと?

はい。そして始めのうちは人名簿と印鑑簿だけを販売していたんですが、しばらくしてノートやファイル・バインダーといった商品も発売したところ予想以上の売れ行きで、長らくファイル・バインダーの専門メーカーとして順調に発展を続けて参りました。
更には1988年に発売した『テプラ』がお陰様で大ヒットを記録し、今ではファイル・バインダーを凌ぐほどの商品となり、その二本柱を主力商品としながら現在は三本目の柱を目指し日々開発を続けているといった現状です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Evernoteに保存
印刷

連載記事一覧

メルマガ登録


スペシャルインタビュー


成功企業の戦略


クラウドソリューション

ページトップへ